地盤改良機 GIシリーズ

「住宅品質確保促進法」が施行されたこともあり、住宅建設を行う際にはスクリューウエイト貫入試験(旧:スウェーデン式サウンディング試験)等の地盤調査法を用いて建築予定地の地盤強度を事前に調査を行うことが一般的です。

しかし、この調査の結果、地盤強度不足のため、建物を地盤が支えきれない「軟弱地盤」と呼ばれる地盤であることが判明する場合があります。昨今の建設技術の進化は、一般の住宅建築において、このような軟弱地盤といわれる土地でも地盤補強工事(柱状改良、鋼管杭など)を行うことで、軟弱地盤を強固な地盤に改良し、生涯、安心して住むことができる住宅を建築することが可能となっています。

同クラス最大級の高トルクで、作業効率が大幅に向上します。地下1,500メートルを超える掘削が可能なボーリングマシンの開発から生まれたセンターホールタイプスピンドルにより、フィードストロークに関係なく長尺のロッドがセットできます。また、最近基礎補強工法のひとつとして、注目されている鋼管杭の打設も、高トルクとアウトリガーに支えられた安定したボディーで、スピーディーな施工を実現しています。

GI SERIESの特徴

GI SYSTEM 施工管理装置

ページ上部へ