ファインバブルの世界

ここ数年、微細な気泡「ファインバブル」に関心が集まっています。バブルの特徴を上手く活用できれば、化学物質等を使用することなく、様々な機能を液体に付加することができるからです。

現在、各分野でファインバブルの活用に関する研究開発・応用化が進んでおり、環境、農業、食品、水産、医療等をはじめとする各方面で急速に活用が進むと考えられます。
ファインバブルが持つそれぞれの効果にはメカニズムの検証が十分に進んでいないものもありますが、日本発の革新的技術として、産学官が一体となって世界をリードしています。

日本が世界をリードする「ファインバブル技術
様々な分野において、活用の可能性があります!

例えば

洗浄分野

頑固な汚れを落としたい!
時間を短縮したい!

農業分野

収穫量を増やしたい!
品質を向上させたい!

水産分野

鮮度を保ちたい!
大きく育てたい!

食品分野

鮮度を保ちたい!
食感と味にこだわりたい!

世界に広がるファインバブル市場

ファインバブル技術の市場は、発生器等のコア製品にとどまらず、様々なサービスやシステムとして発展していく事が予想されます。

現在の市場は技術をリードしている日本を中心としたものですが、国際標準化の作業も進みつつあり、今後は世界規模で急速に市場が拡大すると考えられています。

ページ上部へ