当社には、本社工場・岸山工場の2つの工場があります。
創業者吉田力之助の『製品に魂を入れよ!』の精神を基本に、半世紀にわたり鉱山・土木建設機械といったもの造りに専念してまいりました。これからも、この創業者の精神を守り続け、かつ最新技術をとり入れた、もの造りに邁進し、時のニーズに応えていきたいと考えています。

本社工場

本社工場
本社第1工場
ボーリングマシン付帯ツールスや部品加工
本社第2工場
機械(GI)の主要部品であるリーダーベースから小物まで多品目の製缶加工を行っています
出荷工場
以前は、完成した製品の保管及び出荷として使用していましたが現在は倉庫として活用しています。
搬送ロボットによる無人加工システム
マシニングセンタ
製缶工場溶接ロボット

九州初上陸の大型の横形マシニングセンタ!

本社第1工場にある、JTEKT(旧TOYODA)製の大型の横形マシニングセンタは九州第一号機であり、まだ国内でも数台しか導入されてません。GIシリーズの大物部材や開発機の大物加工などを行います。

横形マシニングセンタ FH1250SX
加工風景

岸山工場

岸山第1工場

岸山第1工場では、工作機械(マザーマシン、機械を作るために用いられる機械)を使用しGIシリーズ、SIシリーズ、SGシリーズ、ECOシリーズ等の機械の大小様々な部品とツールスの製作、加工を行っています。

複合機 オークマ製 MULTUS U3000
横中グリ盤 クラキ製 KBT-11A

岸山第2工場

マシン、ポンプ、装置、ツールスの組立、電機組立塗装

組立ライン(GIシリーズ)
組立ライン(ECOシリーズ)
SGシリーズポンプ

岸山第3工場(API 認定工場)

ツールス製作(ノコ盤、NC旋盤、摩擦圧接機、熱処理機)

摩擦圧接
ツールス製作

岸山第4工場

組立、メンテナンス

岸山第5工場

塗装、試掘出荷準備

2013年4月、前工場建設から27年ぶりに新工場が完成しました。 第5工場は主に塗装品質を向上させるため作業に適した空調(湿度管理)、換気装置を完備した塗装専用室が2ヶ所(225m²×2)、屋外の天候や時間帯に左右されることが無いように試掘場、機械組立や出荷準備が行えるスペース(450m²)も確保されています。

ページ上部へ