社員が働きやすい環境を整備し、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにする為、また次世代育成の支援を目的として、次のように行動計画を策定し、公表致します。

計画期間

2020年4月1日から2025年3月31日までの5年間

次期行動計画

目標

計画期間内に、年次有給休暇の取得を次の水準以上にする。
社員一人平均年間取得数・・15日以上にすること。

対策
2020年4月~
  • 社内掲示・ポスター等による啓蒙活動による周知
目標

所定外労働を2014年度所定外労働時間比△25%に削減する。

対策
2020年4月~
  • 振替休日及び代休取得の徹底
  • 各部門にてノー残業デーの設定
  • 社内研修(健康保持増進、改善活動に関するもの)の実施(年3回実施)
目標

インターンシップ等の就業体験機会の提供を拡大する。
インターンシップ受入数 年間7名以上。

対策
2020年4月~
  • 教育機関への周知連絡、受入体制の充実検討
  • 年4回の社内報にて活動紹介
目標

育児休業の取得状況を次の水準にする。
男性:年に2人以上取得 女性:取得率100%以上

対策
2020年4月~
  • 社内研修、ポスター等の啓蒙活動による周知
ページ上部へ