システム原理

酸素やオゾンを、水とともに噴流ボックス(特許登録済み)内に噴射し、発生する攪拌混合力の強い渦によって、効率よく水に溶解させます。
酸化力の強いオゾンを、効率よく水に溶解させるため、池、湖沼、ダムなどで問題となっているアオコや悪臭原因物質の酸化・分解に、オゾンを効果的に利用できます。また、同時に溶解させた酸素によって、アオコの増殖や悪臭の発生の抑制手段の一つである、貧酸素層の溶存酸素回復にも利用できます。

オゾンによる脱色とpHの変化

オゾンによるウッドチップ排水の脱色状況

酸素溶解効率比較

海水使用時
(水温20℃)
溶解効率
純酸素 空気
フォームジェット
(噴流式酸素溶解装置)
90% 40%
水中ポンプの吸い込み口に吸気させ羽根で攪拌 60% 30%
エジェクター 40% 20%
散気管 10% 5%

養殖場使用例(酸素溶解)

養殖場で不足する酸素を効率良く溶解する装置として使用

車海老養殖場(佐賀県)
ハマチ養殖場(長崎県)

特徴

  1. 水中ポンプ式のため小型軽量。設置、移動が簡単。
  2. 低価格
  3. 必要に応じ注入ガスをオゾン + 酸素又は酸素のみに切り替えることが可能。
噴流式水質浄化装置(フォームジェット)の設置状況
ページ上部へ