FJプラントシステム

FJプラントシステム(電気量削減 ・ 余剰汚泥削減 ・ 悪臭発生抑制)

FJプラントシステムは、ポンプでくみ上げた流量調整槽内の排水に、空気中の窒素を除去し濃度90%以上に濃縮した酸素ガスをFJ式溶解装置(特許)で高濃度に溶解して流量調整槽に戻すシステムです。
生物処理槽に流入する前段階でBODなどの酸化処理が促進され、生物処理槽に流入する負荷が軽減されるため曝気槽内の曝気量を削減できるとともに余剰汚泥発生も大幅低減できます。
さらに嫌気状態により発生する硫化水素ガスなどを抑制するため悪臭発生を低減できます。

ページ上部へ