地盤改良機

GI-130C-HT-KF-4M

  • 最大改良径 φ1,600 mm
  • 最大給圧力 132.5kN
  • 改良深度 20.0 m (継ぎ足しなし)
  • 回転トルク 71.2 kN・m
  • キャビンが広くなり、運転が楽になりました。
  • 使いやすい施工管理、施工支援システムで安定品質の施工が可能です。
オフロード法認定マーク 2014排出ガス
オフロード法認定建設機械
承認番号 NS3-67
低騒音型建設機械指定マーク
低騒音型建設機械
指定番号 5941

GI SERIESの特徴

GI SYSTEM 施工管理装置

製品の特徴

Y-LINK対応機種

Y-LINKとは、柱状改良工事における全自動施工管理システムで、現場状況の変化に即応できる点で柔軟性があるロボット化技術です。事前設定による自動制御ができ、遠隔地からも施工機の自動運転設定やプラントのバッチ設定等を入力できます。(オプション)

製品仕様

型式 GI-130C-3(標準仕様)
MODEL GI-130C-HT-KF-4M
スピンドル内径 175 mm
スピンドル回転数 低速時 6~34min-1
高速時 12~69min-1
スピンドルトルク 21.2~71.2 kN・m(2,166~7,265 kgf・m)
最大給圧力 132.5 kN(13,500 kgf)
フィードストローク 5,500 mm(最長改良長20 m)
フィードスピード 0~3.0(早送り4.5) m/min
リーダスライドストローク 2,000 mm
リーダスイング 左右 各3°
ウインチ 9.8(φ10 x 30m)kN
運搬時寸法(L x W x H) 8,830 mm x 2,595 mm x 3,050 mm
総質量 24,000 kg (本体)
24,750 kg (運搬時:WH6L,共回防止機構・ロッド 3m)
27.050 kg (最大改良長時:ロッド 22m・ビッド 1.5m)
接地圧 83.3 kPa(本体)
エンジンユニット ディーゼルエンジン 102.1 kW/(2,200 min-1)
必要油圧源 回転用:30.9 MPa{315 kgf/cm2}- 350 L/min
フィード用:12.8 MPa{130 kgf/cm2}-66 L/min
最大改良径 φ1,600 mm
標準装備 施工管理装置
深度計(フィード、スライド)
アウトリガ(前後各2本)
給圧力測定シリンダ
共回り防止装置
バックカメラ
オプション装備 杭芯カメラ
外部モニタ
Y-LINK

本カタログ掲載の仕様は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

GI-130C-HT-KF-4Mは、弊社『  』システム(オプション装備)に対応した機械です。

ページ上部へ