スウェーデン式サウンディング試験について

スウェーデン式サウンディング試験の風景ロッドの引き抜き
スウェーデン式サウンディング試験は、JIS A1221に規定されている小規模建築物の地盤調査として、最も実績が多く経済的な調査方法である。この調査方法は、柔らかい地層では深さ10m程度までの調査に適している。

しかしながら、この試験方法は最低3人の作業員と大変な手間と重労働を要求されていた(※上写真参照)。


ワイビーエムでは、この「人の熟練と重労働に頼る」スウェーデン式サウンディング試験を、「誰が行っても簡単な」スウェーデン式サウンディング試験にするオートマチックGR(スウェーデン式サウンディング試験機)を開発しました。


関連リンク

SST-100シリーズ

住宅地盤のトラブル

地盤改良機