地中熱利用のすすめ まとめ

まとめ

簡単に地中熱利用ヒートポンプについて紹介してきましたが、この有用性はできるだけ各種資料をもとにできるだけわかりやすく書いたつもりですが、読者の皆さんにうまく伝えることができたかはまだまだ疑問が残るところです。この文章の文末に参考にさせていただいたホームページのURLや、書籍に関する情報を書き留めています。更に詳しいことがお知りになりたい方はそちらをご覧ください。また、ご参考とさせていただいた各団体、各個人の方々に深く感謝いたします。まことに、ありがとうございました。

最後に、弊社も加盟している「地中熱利用促進協会」では、地中熱利用ヒートポンプシステムを採用している具体的な建築物の事例などが更に詳しく紹介されています。そちらもあわせてご覧頂いて地中熱利用ヒートポンプシステムを更によくご理解いただければ幸いです。

用語説明

IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)
気候変動に関する政府間パネル。
1988年にUNEP(国連環境計画)とWMO(世界気象機関)によって設立されています。
http://www.gispri.or.jp/kankyo/ipcc/ipccinfo.html
排出原単位
ここでは電力を作る上で発生する二酸化炭素の排出の度合いをさしている。
単位は一般的に g/kWh が用いられています。
デフロスト
大気利用のエアコンではの外気温が低い時に暖房運転をしていると室外機に霜が発生します。
この霜を取り去るために行われる動作がデフロストと呼ばれます。
COP(Coefficient of Performance)
成績係数、または、エネルギー消費効率ともいう。
投入したエネルギーと出力されるエネルギーの比率を表す係数。
一般に環境関係で出てくる気候変動枠組条約(UNFCCC : Framework Convension on Climate Change)に基づく締約国会議(COP : Conference of The Parties)とは、全く別の意味の言葉です。
DOE
米国エネルギー省(US Depertment Of Energy)
EPA
米国環境保護局(US Environmental Protection Agency)
ENERGY STAR
1992年、EPAが二酸化炭素の排出を減少させるために、エネルギー効率のよい製品を識別し導入を促進するために「ENERGY STAR」ラベルの認定をおこなう発表し始まった認定制度です。
1996年には、これを更に推し進め、米国政府機関同士がそれぞれの製品カテゴリーに対する責任を持つために、DOEと合同で取り組むことになり、新築家屋、建物、冷暖房設備、主な器具、事務機器、オフィス用品、照明、家電など、多くの製品が対象とするようになっています。
2004年エネルギー起源二酸化炭素排出抑制技術率先利用試験補助事業
2004年エネルギー起源二酸化炭素排出抑制技術率先利用試験補助事業」採択について
九州初本格地中熱利用ヒートポンプシステム利用空調設備
ページ上部へ