SH500 / SH-30 操作方法

  1. プラスティックモールド等により試験体を製作。

  2. 荷重計を試験体のサイズによりセットします。
    ※500kN(50ton)又は、30kN(3ton)柱状改良地盤テスト用を御用意しております。

  3. ピークホールドモードに設定して試験を行います。

  4. 試験体を試験機の中央にセットし、飛散防止カバーをかぶせます。
    手動ポンプのバルブを閉じて下さい。

  5. 手動ポンプのハンドルを上下に動かし、試験体に荷重をかけます。
    試験体の圧壊と同時に圧縮強度がデジタル表示されます。

  6. 手動ポンプのバルブを開いて圧力を減圧します。

精度の証明
日本品質保証機構(JQA)の検査を受けその成績証を添付します。(有料)
精度の維持
日本品質保証機構(JQA)から検査を受けたマスターゲージにより定期的に精度検査を行います。(有料)
OPTION
デジタル表示計記録計高精度0.6%で表示し記録紙に記録します。

SH500 / SH-30

関連製品

ページ上部へ