フォームジェット(Foam Jet)データ

■圧倒的な高効率酸素溶解

海水使用時
水温約20℃
溶解効率
純酸素(注1) 空気(注2)
フォームジェット
FJL-12-RP-04
90 % 40 %
水中ポンプの
吸込に吸気
60 % 30 %
エジェクター 40 % 20 %
エアストーン 10 % 5 %

注1:純酸素を利用した時のデータは、海水の溶存酸素(DO)濃度100%のサンプルを使用した場合のデータです。
注2:空気を利用した時のデータは、海水の溶存酸素(DO)濃度40?50 %のサンプルを使用した場合のデータです。

閉鎖水浄化試験

フォームジェットJTC-12000Wとオゾンを組み合わせて浄化試験を行った。

機器積:100m3 寸法10m×5m×2m(水深)
使用機材:高効率酸素溶解装置フォームジェット
       JTC-12000W 1台
試験期間:平成12年12月4日~12月25日
試験結果:水の透視度が増し、
       SS、COD共に大幅な改善が見られた。

◆試験結果

分析項目 平成12年12月4日
JTC-12000設置前
平成12年12月25日
SS 84 (mg/L) 22 (mg/L)
COD 35 (mg/L) 25 (mg/L)
色度 6 度 4 度
濁度 30 度 17 度
透視度 30 cm 100 cm
水の色 試験前 試験後

掛け流し式養殖イケス(佐賀県)

魚種 イカ 100 kg
水槽容量 4 トン
JTC-12000G 1 台
試験期間 平成12年8月13日~8月15日

■死亡率比較表

    斃死率
JTC設置前 70 %
JTC設置後 10 %

■御使用者の評価

評価写真

  • 斃死率が激減した。
  • イカ墨が浮き上がって排出される。
  • 従来は、4 トン水槽にイカを100 kgしか入れられなかったが、JTC設置後は、170 kg入れている。

海面養殖(長崎県)

魚種 ハマチ 3.5 kg × 4300 尾
養殖筏 φ15 m × 4 m(水深)
JTC-12000W 1 台
酸素濃縮機 PSA-4L 1台
試験期間 平成12年4月1日~9月30日

■斃死数 増肉係数比較

    斃死数合計 増肉係数
JTC設置筏 62尾 3.72
対象筏 171尾 4.20

データは、JTC-12000Wを使用しての結果です。

■御使用者の評価

評価写真

  • 斃死数が減り増肉係数が向上した
  • 4月に導入したにも関わらず初めて9月にハマチを出荷することが出来た。稚魚の段階から装置を使える来年は8月出荷を目指す。

掛け流し式陸上養殖(愛媛県)

魚種 ヒラメ 920 g × 1600尾
水槽容量 25 トン
JTC-12000W 1 台
酸素濃縮機 PSA-3L 1 台
試験期間 平成12年9月1日~11月30日

■斃死数 増肉係数比較

    増肉量平均 斃死数合計
JTC設置池 420 g 71尾
対象池 380 g 171尾

■御使用者の評価

評価写真

  • 斃死が減り怖いくらいによく餌を食べるようになった。

掛け流し式陸上養殖(鹿児島県)

飼育種 ハマグリ 40 g × 8500 個
水槽容量 18 トン
換水量 54 トン/日
JTC-12000W 1 台
井戸水使用 井戸水溶存酸素濃度 0.9~1.1 ppm
試験期間 平成12年1月29日~2月17日

■溶存酸素濃度及び

    20日間の斃死数合計 溶存酸素濃度平均
JTC設置池 62個 6.17 ppm
散気管曝気池 139個 4.18 ppm

■御使用者の評価

評価写真

  • 斃死が半減した。
  • 汚れが泡によって浮き上がり排出されているようだ。

活魚運搬船(長崎県)

■御使用者の評価

  • 湾内や水温が急変する海峡等も船底のフタを閉めて、水槽の水を入れ替えることなく運搬できるようになった。
  • これまでハマチを博多港まで運搬すると酸欠のためハマチは、鼻上げしていたがJTC設置後は、元気に泳いでいる。
  • 30トン水槽にこれまでは、ハマチ6000 kgを入れて運搬していたがJTC設置後は、8000 kg運べるようになった。

フォームジェット(Foam Jet)

ページ上部へ